映画版おっさんずラブ ~ LOVE or DEADの見逃し配信動画

NAONAO

2020年8月2日に放送された田中圭さん主演「映画版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD」

とにかく笑える作品で、別にゲイじゃなくても男女ともに楽しめる映画になっています。何と言ってもおっさんとおっさんのLOVE物語という設定だけでも笑えます。

そんな「映画版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD」ですが録画するのを忘れてしまった方へ

  • 見逃し配信動画を視聴する方法
  • この映画の感想や見どころ

について解説します。

映画版おっさんズラブ〜LOVE or DEADの見逃し配信動画

映画版おっさんずラブは、下記のいずれかのネット動画配信サービスを利用することで視聴することが可能です。

特徴 料金は?
U-Next
(ユーネクスト)
CMが流れない
フル動画
31日間無料
それ以降は月額1990円
TELASA
(テラサ)
CMが流れない
フル動画
有料
500円でレンタル
Tsutaya TV
(ツタヤティービー)
CMが流れない
フル動画
有料
500円でレンタル
Amazon Prime
(アマゾンプライム)
CMが流れない
フル動画
有料
400円でレンタル
Video Market
(ビデオマーケット)
月額会員で観れる
フル動画
31日間無料
それ以降は月額500円

上記をご覧になってもわかるように、映画版おっさんずラブは5種類のネット動画配信サービスでフル動画が視聴できますが、無料で視聴できるのはVideo MarketかU-Nextです。

U-NEXTとVideoMarket、どっちがおすすめ?

U-NEXTと、Video Marketは、月額会員の登録を行えば無料で「映画版おっさんずラブ」をご覧いただくことができます。

両方とも会員登録は無料ですし

  • U-Nextの場合、月額1990円(税抜き)で毎月1200ポイント
  • VideoMarketの場合、月額500円(税抜き)で毎月550ポイント

がもらえて、そのポイントを活用することで映画を無料で視聴できるんです。

 

また、それぞれ1ヶ月間は無料お試し期間があるので、その期間内に解約しても問題ありませんので、初めてご利用される方はどちらでも無料視聴ができるわけです。

 

ただし、値段サービス内容に大きな違いがあります。

Video Marketは、1ヶ月以降も継続する場合は、値段だけを考えたら安く済んでお得です。

一方、U-NEXTは1ヶ月以降も継続する場合は、値段だけを考えると1500円ぐらいの差がありますが、サービス内容(提供されるコンテンツ)はVideo Marketよりも断然優れています!

U-NEXTは、ネット動画配信サービスとしては国内最大級の収録作品数で、140,000本以上が⾒放題!

「映画版おっさんずラブ」以外にも、これまで放送された

  • 田中圭さん主演の過去の映画や
  • 過去の人気ドラマ作品

も観る事ができます。

これだけ観れるネット動画配信サービスはU-NEXTぐらいです。

今すぐU-NEXTをおすすめする理由

  • 31日間は無料でお試しができて
  • 初回に無料で600ポイントがもらえ
  • 毎月1200ポイントも提供されます。

そして、このポイントを活用すればU-NEXTの他のコンテンツを無料で楽しめるんです。

 

私の場合、このポイントを利用して電子書籍の漫画を購入し読んで楽しんでますが

  • 他にも、週刊誌や女性雑誌も読めるし
  • アニメや映画、海外国内ドラマ、さらに
  • アダルト動画など他作品も見れるし
  • 映画のチケットにも交換可能!!

U-NEXTは「映画版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD」を視聴する以外に色んな楽しみ方が出来ますよ!

今映画版おっさんずラブの感想

映画版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD

おっさんズラブは、ドラマが流行ったせいか、その後、シリーズ化されたり今回のように映画版も公開され未だに人気のドラマとなっています。

何と言っても「おっさんと、おっさんが愛し合う」という設定がウケますよね。

ただ、おっさんとおっさんのゲイ物語という風に言うと、ちょっと気持ち悪いですが、映画やドラマ自体はおっさんたちの愛のラブコメディー的な内容でめちゃくちゃ面白いです。

もちろん、ゲイの方が観てもリアルに感じられることも多いでしょうし、普通の男女が観ても面白いです。何と言っても、田中圭さん筆頭に豪華俳優陣の出演者たちの演技が最高です。

今回の映画版おっさんずラブでは、志尊淳さんや沢村一輝さんも出演してるんですが、映画の中で

  • 吉田鋼太郎さんと、沢村さんが見つめ合うシーンや
  • 田中圭さんと、志尊淳さんが見つめ合うシーンは

ゲイ同士のリアルな恋愛が観れて、気持ち悪さを通り越して面白さを感じて観れますね。

それにしても、全俳優さんたちが映画を観終わった後は、本当にあっち系の人?って疑ってしまうぐらい演技がうますぎる!